INDEX
  • top
  • 最新レポート japan
  • 最新レポート world
  • エステティシャン's blog
  • e-エステstaffエステ巡り
  • エステ用語辞典
  • 挙式までのエステ活用術
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ネットから予約
日程を決める

時間帯を決める
予算を決める
地域を決める
エステ用語辞典(あ)
AHA

AHA

あのクレオパトラも好んで入浴したといわれる、ロバの乳風呂。
真珠のような 白い肌にするために入ったといわれています。
また、ローマ時代の女性などは、 顔にワインをつけることを好んだと伝えられています。
実は乳には乳酸、ワインには酒石酸というAHAが含まれています。
この古代から伝わるAHAの魅力を、特集します。

■AHAとはなんの略?  

Alpha Hydroxy Acidのイニシャルをとって略したもので、アルファ・ヒドロキシ酸のことです。
エステティックサロンなどの施術で使用されるフルーツ酸はAHAの仲間です。
果物(フルーツ)からとれたものをフルーツ酸と呼び、例えば、リンゴにはリンゴ酸、トロピカルフルーツには乳酸やクエン酸があります。
天然抽出のAHAとして、蜂蜜には乳酸、砂糖きびや未熟のブドウの実や葉にはグリコール酸などがあります。
リンゴ酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸などは、合成や発酵化学を利用して得ることもできます。

■化粧品に使われるAHAは?

主にグリコール酸がよく使われており、次に乳酸です。
グリコール酸は、ケミカルピーリング剤として使われる場合が多い原料です。
AHAソープ、AHAローションなど、一般的にはドクターズコスメを中心に化粧品が販売されております。

■AHA は皮膚にどういう作用をするの?

角質層のターンオーバーを正常にコントロールします。
肌の表面の角質は多数の層になった細胞からできています。
表皮細胞は基底層で生まれ、顆粒層、有棘層をつくり角質層を形成します。
最後は垢となって剥がれおちる。
この行程がきちんと4週間で行われているのが正常な皮膚の形成サイクルです。
加齢や生活習慣により、このサイクルが4週間以上になってくると表皮に死んだ古い角質が残り、シワやシミの原因となります。
AHAは、角質細胞同士の接着を弱めるため、皮膚表面の古い角質を取り去り、肌のざらつきや凹凸を滑らかにして、くすんでしまった肌を、より若々しく新しい素肌に導きます。

■AHAのおもな効果

*ターンオーバーを正常にし、メラニン色素の排出を促し、色白肌を保つ。
ホームケアで使うに適した濃度のAHAソープなどを定期的に継続して使うことによりより深い層へのピーリングと同様の効果を得る事ができ、お肌の透明感が格段に変わってきます。

*皮膚表面をなめらかに整え、シワの少ない肌を保つ。

*毛穴のつまりを改善し、にきびを防ぎます。
毛穴に皮脂がつまるとニキビができたり悪化したりします。AHAは、毛穴を覆っている角質を徐々に除いていき、有効成分の浸透をよくします。繰り返し使うことにより毛穴のつまりが改善されニキビが目立たなくなります。
女性の中でも意外と多い「背中のニキビ」には、AHAソープなどを活用すると自分でケアしやすいですし、改善が早いかもしれません。

★エイジング対策に大切なのは、有効成分の補給です。

しかし角質が乱れた状態で、いくら栄養分を補っても、せっかくの成分が浸透しません。
AHAは、古い角質を除去して新陳代謝を高めながら、美肌に必要な栄養を奥まで浸透しやすくしますから、透き通るようなハリのある肌へ導きます。

★AHAを使った後は、角質が薄くなるので、紫外線も吸収しやすくなりますから日焼け止めを忘れずに、紫外線予防を心がけましょう!

☆おすすめサロン

○DeepBlueFACE&BODY (東京:中目黒)
AHAピーリングアメリカーノ(100分)                    
予約する

○PRANA (東京:四谷3丁目)
フェイシャル(ソワンレノヴァトールコース)(90分)            
予約する