INDEX
  • top
  • 最新レポート japan
  • 最新レポート world
  • エステティシャン's blog
  • e-エステstaffエステ巡り
  • エステ用語辞典
  • 挙式までのエステ活用術
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ネットから予約
日程を決める

時間帯を決める
予算を決める
地域を決める
エステ用語辞典(さ)
シミ

Image17220代後半になってくると、あれ、いつのまに?って突然できてしまって悩むのが“シミ”。
何とかならないかしらと雑誌の美白特集を読んだり、化粧品を買うときに相談したりしたことのあるかたは多いと思います。
このシミに対するトラブルは近年ますます増加する傾向にあります。
では、シミはどのようにできて、どのようにして取ればよいのでしょうか?

人間の皮膚や髪の毛、目の色を決定するのは、すべてメラニンの含有量です。
シミは、この表皮のメラニンが余分に増えるためにできてくるものです。
メラニンが増える原因は、ホルモンの異常分泌のように体の内側からくるものと、紫外線や炎症などのように外部からくるものに分けることができます。

シミの6割から8割は老人性色素斑といわれるもので、一種の老化現象であり、紫外線が原因といわれています。いわゆる光老化です。
なぜ紫外線を浴び、日焼けしたことでシミができるのでしょうか?

紫外線の中のUV-AとUV-Bは、

UV-A…真皮まで入り込み、活性酸素を発生させる。

UV-B…表皮に入り、直接皮膚の細胞を攻撃する。

いずれも細胞内の遺伝子を傷つけ、さらに浴びることによって皮膚ガンを発生させる恐れもあります。
その紫外線から皮膚を守る体の防御反応が、日焼けです。
紫外線が皮膚を攻撃し始めると、これを防御しようと指令を受けるのが、表皮の一番下にいるメラノサイト。指令を受けると、紫外線から肌を守るメラニン色素を作ります。

メラニン色素は紫外線を反射し、細胞の遺伝子をガードするのですが、メラニン色素が溜まった細胞が増えると肌が黒くなり、いわゆる日焼けをおこすのです。
紫外線を浴びなくなると、メラノサイトはメラニンを作るのをやめ、そのうち皮膚の新陳代謝によって数ヶ月で日焼けは元に戻ります。

しかし、紫外線を浴びたときにうまくガードしきれず傷つく細胞ができてしまうと、一部のメラノサイトがメラニンを大量に作りすぎてしまう異常行動を引き起こし、一部分だけ黒くなる“シミ”を作ってしまうのです。

紫外線を浴びると活性酸素が生じ、活性酸素はメラニン色素の異常なほどの生産増加を促すことも起因します。
このようなことが起きないためには、もちろん日頃からUVケアに注意し紫外線から肌を守ることが大事なのですが、できてしまったシミに対してどう対処すればよいか。

シミの色のもとであるメラニン色素が、肌のどの深さにあるかによって異なります。
角質、表皮、真皮のうち、表皮にあるメラニンに関しては日頃のケアで薄くすることが可能です。
表皮のシミの表面は、滑らかで色は茶色。こめかみやほおなど、日にあたる部位にできやすく近くにいくつか同じようなものがあるのが特徴です。

このようなシミにはいわゆる美白コスメといわれるものが良いでしょう。
いわゆる美白成分が次の働きをします。

1、UVをカット
2、活性酸素を除去
3、メラニン合成の指令を出すエンドセリンなどの情報伝達物質をブロック
4、メラニンを作るチロシナーゼという酵素の合成を抑える

Zu_3エステティックサロン等では、ビタミンC誘導体などの美白成分を、イオン導入でさらに奥まで浸透性を高める方法を取っています。
いずれにしても紫外線は美肌の大敵。


美白化粧品を使ってシミを薄くしても、紫外線を浴びてしまうと、新しいシミができて台無しです。
完璧な美白効果を目指すなら、美白化粧品とUVカット製品の併用が効果的です!