INDEX
  • top
  • 最新レポート japan
  • 最新レポート world
  • エステティシャン's blog
  • e-エステstaffエステ巡り
  • エステ用語辞典
  • 挙式までのエステ活用術
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ネットから予約
日程を決める

時間帯を決める
予算を決める
地域を決める
エステ用語辞典(あ)
アロマでダイエット!(アロマテラピー)

『アロマでダイエット!』

■アロマテラピーって何?

アロマ=芳香 テラピー=療法、簡単には、芳香療法のことです。
薬用植物=ハーブから抽出した天然100%の精油(エッセンシャルオイル)や芳香蒸留水、キャリアオイル(植物油、浸出油)などを使用して病気の予防や治療を行ったり、美容に役立てることです。
その歴史は紀元前3000年も前にさかのぼることができます。

抗生物質などの近代医薬品が出来る前までは、薬用植物=ハーブを薬として使用していました。  
抗生物質などの近代医薬品の進歩のおかげで、それまで死亡率のトップだった感染症での死亡はほとんどなくなりましたが、文明社会の発展により、ストレスが原因で起こる病気がまん延するようになり、再び伝統医学であるアロマテラピーを見直す風潮がヨーロッパをはじめ日本でも近年高まってきたのです。

アロマテラピーは、植物全体の成分を天然のまま使用するのが大きな特徴です。
植物に含まれる殺菌作用、殺ウイルス作用など、肉体に働きかける成分と、リラックス作用やリフレッシュ作用など、精神に働きかける成分など、百数種類の成分が多角的に心身に働きかけます。
まさに心身一体の治療や予防を行うことができるのです。
精油に含まれる香りの成分は、揮発性なので、香りをかぐとその成分が脳に伝わります。
脳は香りの情報をキャッチして心身のバランスをとるように神経系や内分泌(ホルモン)系に指令を出します。
アロマテラピーは、もともと体に備わっている自然治癒力を引き出し、自分自身で病気を治すように誘導するのです。

ハーブの香りは、心身をリラックスさせて、ストレスで低下した抵抗力を正常な状態に戻し、病気にかかりにくい健全な心と体を作ります。

■アロマテラピーの方法  

1.精油(エッセンシャルオイル)の香りを鼻から吸って脳に働きかける芳香浴  

2.マッサージ等で皮膚から成分を吸収させる方法  

3.精油をお風呂に入れて入浴するアロマバス、フットバス  

4.日本では認められておりませんが、フランスやベルギーなどの一部の国では、アロマテラピーが正式な医療として認められており、医師や薬剤師が内服 (精油を飲む)の処方や指導を行っています。

■ダイエットに効果的な代表的なエッセンシャルオイルは?

☆グレープフルーツ
・利尿作用、脂肪の消化を促進。
昨年資生堂が発表した香りがこれ。グレープフルーツやコショウ、ウイキョウ、タラゴンの4種類の植物から採った香料の香りを嗅ぐことによって、中性脂肪を減らす体内物質が多く作られることがわかったと発表しました。  

☆ジュニパー    
・利尿作用、むくみ改善、解毒作用排泄を促すことによって、新陳代謝を促し、体の機能を活発に高め、体を浄化し温めて整えます。    

☆ゼラニウム    
・内分泌系(ホルモン分泌)調整作用に優れている。             
・月経前症候群、月経痛、更年期障害の緩和
・体内の体液滞留を溶かし分解して排出を促す
・肌質改善  

☆ローズマリー   
・血液の循環を促し、発汗や利尿作用を通じて老廃物を除去する作用がある。
若返りで有名なハンガリー水の主要成分でもあるように、収れん作用があり、肌を引き締め、脂性肌やゆるんだ肌を活き活きとしてくれます。

■最低限の安全性

最後に、ご自分の部屋等で精油を取り扱いする際に、最低限注意しなければいけないことを列記しておきますので、充分気をつけてくださいネ。  

1.原液を直接塗ったり、飲まないようにしましょう。

2.目に入らないように注意しましょう。  

3.精油は引火する可能性があるので、火気のまわりでの使用には十分注意しましょう。  

4.高温多湿を嫌うため、キャップをしっかりしめて冷暗所に保管しましょう。  

5.子供やペットの手の届かない場所に保管しましょう。  

6.不快感や異変を感じたときにはすぐに使用を中止してください。芳香浴の時は、十分に換気を。トリートメントで使用の際は大量の水で洗い流してください。いずれも基準の半分以下の量で試してから使用して下さい。  

7.妊婦時の敏感な体調を考え、芳香浴以外のトリートメントを実施されることはお勧めいたしません。  

8.3歳未満の乳幼児には、室内芳香以外はおすすめしていません。  

9.精油に似た外見の合成オイルと混同しないように注意しましょう。

10.柑橘系の精油に多いのですが、フロクマリンという成分が紫外線に反応して、各種症状(かゆみ、シミなどの色素沈着、発赤)を生じることがあるので、外出前や外出時、日光に当たる部分への使用を避けましょう。    (以上、日本アロマテラピー協会より)

☆おすすめサロン

○グラン・ナチュール (東京:自由が丘)           
アロマテラピー全身(60分)                         予約する

○イノセント青山 (東京:南青山)
スポーツアロマテラピー ベーシック60(60分)              予約する

○Aromatherapy & Healing Salon Floral Breeze (東京:南青山) 
アロマ・ボディ(60分)                             予約する

○DAY SPA BODY HEALING (千葉:船橋)
アロマテラピー (90分)                            予約する