INDEX
  • top
  • 最新レポート japan
  • 最新レポート world
  • エステティシャン's blog
  • e-エステstaffエステ巡り
  • エステ用語辞典
  • 挙式までのエステ活用術
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ネットから予約
日程を決める

時間帯を決める
予算を決める
地域を決める
エステ用語辞典(か)
キレイになるための入浴法

キレイになるための入浴法

気温が低下するため、血液の流れが滞りやすく、手足や腰など部分的な冷えを感じやすくなります。
また、季節は関係ないのですが、不眠や、ストレスなども入浴の仕方によっては解消しやすくなりますので、キレイになるための入浴法について、オススメの方法をご案内します。

湯船の温度は何度がいいの?

私個人的に冷え性のせいもありますが、熱いお風呂のほうが、‘はいってる~'  という満足感と充実感が得られるので大好きなのですが、その熱いお風呂というのは、身体にとってはあまりよろしくないようです。

なぜかといえば・・・熱いお風呂に入ると体温が急上昇し、それを冷やすためにたくさんの汗が出ます。すると、今度は体温が下がり過ぎないように血管を収縮させます。この交感神経の働きが身体全体を緊張、あるいは興奮状態にさせてしまい、夜のリラックス、睡眠にとってはマイナス効果となります。

逆に、ぬるめのお湯に入ると体温は少しずつ上昇する代わりに、急激に体温が下がることもなく、副交感神経が働きます。副交感神経は、交感神経と反対に身体の緊張を解いて鎮静いたしますので、心身ともにリラックスし、快眠の方向に向かうことができるのです。
ですから、目安としては、38~40度のぬるめのお湯に15~30分くらいかけてゆっくり入るのが良いでしょう。

■目的別入浴法

手足のむくみ、肩こりなどの体の疲れを感じたとき、また不眠やストレスなど精神的な悩みを解消したいときなど、それぞれの症状によって入り方、アロマエッセンシャルオイルの種類が違ってきます。
一日の終わりにゆっくりの休息とリフレッシュをし、キレイになるもととなるよう以下の方法で試してみてくださいね。

■体を癒す入浴

冷えなどから起こる肩こり、むくみなどには、血液や体液の流れを活発にするアロマオイルを取り入れて下記の方法で入浴することをおすすめ致します。

1.38~40度のぬるめのお湯に、
肩こりにはペパーミント・ローズマリー  
脚のむくみにはサイプレス・ジュニパー
のアロマオイルを3滴入れ、胸から下だけを20分くらいゆっくりとつかる半身浴を行います。
この方法は、慣れないと寒く感じると思いますが、肩に乾いたタオル等をかけて下さい。全身が温まってきます。 

2.お湯につかっている間に、手のひらや脚のふくらはぎなどをもみほぐしましょう。 血行が更に良くなります。時間がたつにつれ、額や首筋、胸元から、じっとりと汗が出てきます。
このようにして吹き出してくる汗は、体内部の老廃物を含む濃い汗です。

3.お風呂から出たあとは、ミネラルウォーター等で水分を補ってください。

■心を癒す入浴

時間に追われた生活、仕事のことや人間関係の悩みからなど、ストレスの原因は数え切れないほどあるものです。
このようなストレスは、不眠の原因になり、肌・心・ からだのバランスを崩すことになるので、一日の終わりにホッとひとりになれる時間を大切にし、入浴をしながら少しでもリラックスへと導く入浴法を紹介します。

1.38~40度のお湯を深くはり、その中に
リラックスしたいときラベンダー・ローマンカモミール・クラリセージ、
リフレッシュしたいときレモン・ユーカリ 
気分がブルーな時 イランイラン・オレンジ・ローズ
上記のアロマオイル5滴以下を加え、湯船につかります。

2.目を閉じて頭を湯船のヘリに預けて、息を口から静かに吐きながらお湯に身をあずけ力を抜いていきます。

3.息を吐ききったら、今度は鼻から息を吸い、その呼吸法を繰り返します。体をお湯に預けると体が浮いてきますので、そのまま体の芯から力を抜くことによって心身ともにリラクゼーションが得られることでしょう。

◎入浴は、毎日の生活の中で必ず取る時間。  
それをどう生かすかはそれぞれの自由ですが、どうせ同じ時間を過ごすなら、キレイになる効果的な入浴をされてみてはいかがでしょうか?
心身ともに健康であるのが、キレイになる基本であります!